治験サイト『VOB』の評判は?使い方や登録方法をていねいに解説!

こんにちは、治験歴3年の貧困男子です。

治験サイトであるVOBの紹介をしていきます。

あんまり治験サイトについての情報が出回ってなくて、僕は最初に登録するとき「???」状態だったので、わかりやすく解説していこうと思います。

VOB

 

『VOB』とは?

VOBとは 運営元:株式会社ヒューマ
会員数:50万人以上
治験案件数:77件(2019年2月13日時点)

治験サイトの中で、最も規模が大きいサイトです。

案件数がダントツで、他のサイトの3~4倍くらいあるんですよ。

なので、治験やってる方はほぼVOBに登録してると思われます。

それくらいメジャーです。

 

『VOB』の評判は?

1回目の治験は、「ロールパンモニター」でした。
血圧を下げる作用のある油を含んだロールパンを毎日食べるというものです。
更にパンだけではなく、おかずも3食つくというもので、とてもバランスの良い食事になりました。これらの食材は、クール宅急便にて繁茂に配達され、常に新鮮で安全なものが提供されました。
残念ながら、血圧の値には変動がありませんでしたが、とても有意義な治験参加となりました。
2回目は所定の期間をおいて、降圧剤服用の治験に参加しました。
治験期間は1年以上になり、月に1回の通院というものでしたが、医療機関の方々もとても親切で、最終日には、感謝の気持ちでこみあげてくるものを感じました。
血圧の状況は、私にとても合うお薬だったのか、とても安定した正常値となったのはうれしいことです。
が、治験を終えた今は、また元の高い数値に戻ってしまいました。
機会があったらまた参加したいです。
かず 40代

 

それははじめての治験でした。
イメージとしては怪しい研究所みたいな所に隔離され、普通の人がしないような事をさせられると想像してました(笑)
治験場所を聞いてビックリ地元の有名病院でした(とりあえず安心)
説明を聞くと「とりあえず動物への実験は成功していて安全は実証されてる」という事でした。 少しでも自分が世の中の役に立つ、報酬も高い、期待で胸が高まりました。
そして治験実行の初日「胃カメラを飲んでもらいます」
この胃カメラをどうしても飲めない、たまらずギブアップ。
しかし強制される事もなく快く中止。
1日分の報酬もでました。 世の中の役に立てずゴメンナサイ。。
さすらいのフリーター 40代

 

1日で血液を7回取る治験に参加しました。 7回針を刺すのかと思ってびくびくしていたのですが・・・。
一番最初に刺した所を針を刺したままずっと固定をして、時間が経ったら血液を抜くという方法でしたので7回刺すよりはずっとよかったです。
冬の治験だったので、カイロの配布があったのはありがたかったです。
それでも足が冷えて寒く、女性はみんなひざ掛けを持ってきていましたが、それだけでは寒くてダウンやコートを羽織ってる人もいました。 また、遅刻した方などもいたのですが、そういう人を後回しにするのではなく、あくまでも順番どおりというやり方だったためまともに来た人が遅刻の人をずっと待ってることになり、結果的に帰り時間が遅くなってしまいました。
遅れてくる人はできるだけ後回しにしたほうが良いと思いました。
さやお 30代

 

就学前の幼児が使用する、日焼け止め乳液の治験に、4歳の息子が参加しました。
試用期間は1ヶ月間!! 毎朝と午後2時頃、一日2回使用しました。顔と腕や足に塗布するというものでしたが、毎日、同じことをこなすのは、正直大変でした。 けれど、毎日おしみなく使用したせいか、なんとなく息子の肌がやわらかくなったような気がしました。使用感も肌に負担なく、とても安全で信頼できるものでした。 何より息子から、「今日は塗らなくていいの~??」と催促されることもしばしばありました。大げさですが、この治験が親子のキズナを深めてくれたように思います。
乳幼児が参加できるタイプの治験もまれにあるので、ぜひみなさんにも親子で参加してほしいと思います★
たえこ 30代

 

治験はあくまで名目上はボランティアなので、総じて対応が丁寧なんですよ。

普通のバイトみたいに、「金やるからその分働け!」じゃなくて、「参加してくれてありがとうございます」ってスタンスで迎えてくれるので、不快な思いをすることは滅多にないです。

 

『VOB』の登録方法は?

まず、公式サイト(⇒VOB)にいきます。

なぜかサイトは認知症押しなんですが、認知症以外の治験も沢山あるので気にしないで下さい。

 

下の方に行くと「会員登録はこちらから」ってのがあるのでクリック。

 

後は名前や住所などを入力していけばOK。

 

登録は5分もかからないで終わりますよ。

 

『VOB』の使い方や治験への応募方法は?

登録後、トップページの「モニターを探す」を選択。

 

すると、↓のような感じで、治験案件がずらーーっと出てきます。

 

参加できそうな案件を見つけたら、詳細を確認していきます。


わかるのは、おおまかな検査内容と場所、日程、負担軽減費(バイト代)くらい。

申し込むと、もっと細かい内容を教えてもらえます。

注意
無料の会員登録をしないと、負担軽減費(バイト代)がいくらか確認することが出来ません。

なので、今すぐ治験をやるつもりがなくても、会員登録は必須です。

 

申し込む場合は、「次へ」を選択して、いくつか質問(持病があるかとか)に答えればOKです。

 

『VOB』は治験やりたいなら必須!

案件数が多いのは勿論のこと、サイトの使い勝手が良いのもこのサイトの優れているところ。

検索機能がしっかりしてるし(検索自体ができないサイトが多い)、サイト上で負担軽減費がわかる(わからないサイトもある)ので便利です。

あと、メルマガがしっかりしてて、ちょこちょこ条件にあう治験の情報を送ってきてくれます

条件の良い治験は早い者勝ちになるので、頻繁にサイトを覗かなくてすむので楽ちんです。

 

会員登録しないと負担軽減費がわからないので、とりあえず登録しておいて、良さそうな治験がないか探してみると良いですよ。

初めて治験をするなら、軽めなの(食品モニターとか巻き爪の治療とか)からやってみるのがおすすめです。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です