クラウドワークス初心者でも2つの鉄則を守れば副業で月5万稼げる!(ライター編)

こんにちは、貧困男子です。

今回はクラウドワークスって稼げるの?ってところを赤裸々に語っていきたいと思います。

ネットで調べると完全に賛否両論。

「クラウドワークスやってみたけど〇〇円しか稼げなかった!時給換算すると低すぎる!バイトやった方がマシ!」

「クラウドワークスなら月〇〇万は簡単に稼げる!」

どっちなの?っていう…

ちなみに、僕は最初は全然稼げませんでした。

時給換算すると300円位で、全く割にあわなかったです。

ただ、2つだけやり方を変えたら、時給1,000円位になり、月5万程度まで稼げるようになりました。

その辺を詳しく解説していこうと思います。

 

①単価重視で案件を選ぶ

クラウドワークスでは主に、『タスク』と『プロジェクト』に分かれてます。

それぞれの違いは…

・プロジェクト(タブ上では「経験不問」と「プロ向け」の事)

仕事の発注者と契約を結びます。

「芸能関係で2,000文字以上書いたら3,000円」とか。

発注者の要求通りに仕事をする必要がありますし、そもそも発注者と契約を結ばないと仕事すら出来ないので、全くの初心者だとややハードルが高め。

ただし、仕事で成果を出していけば報酬も高くなっていくので、努力次第で結構稼げます

 

・タスク

契約を結んだりせず、発注者が「転職した時の体験談を1,000文字以上で500円」とかで募集するので、それに応募する形(応募が断られることはないです)。

作業が終わって納品し、発注者から「承認」してもらえたら報酬を受け取れます。

基本的に「承認」されないことは少なく、発注した仕事のうち「最低でも70%は承認しないといけない」というルールがあります。

僕もやっていて承認されなかったことはほとんどないので、よほど依頼内容とかけ離れたものじゃない限りは大丈夫です。

非常に難易度が低く初心者向きといえます。

ただし、その分報酬が低いので、初心者以外にはあまりおススメ出来ません。

 

いきなり『プロジェクト』をやるのってハードルが高かったので、最初に選んだのは『タスク』。

けど、まぁ稼げないのなんのって…

『300文字で50円』とか、『1,000文字100円』といった案件ばっかりやってました。

2,000文字とか3,000文字の案件を選べば、一気に1,000円とか1,500円とか稼げるんですが、そんなに書ける自信がなかったんですよね。

確かに文字数が少ないと簡単に書けるんですが、稼げてる実感が全く湧かない。

現に時給換算すると200~300円程度だったので、全く稼げてませんでした。

 

貧困男子

突然ですが、『500文字で250円の案件を4件』と、『2,000文字で1,000円の案件を1件』だと、どっちの方が早く書き終わると思いますか?

 

実は『2,000文字で1,000円の案件を1件』方が圧倒的に早く終わります

1つの案件を書き終えるのに、調べる→構成を考える→書く→誤字脱字のチェック という工程が必要になります。

いくら文字数が少なくても、毎回案件ごとに調べたり構成を考えたりしないといけないので、かなり時間を浪費することになります。

そのため、文字数が少なくて単価が低い案件をいくらやっても稼げないんです。

稼ぐには文字数が多くても単価の高い案件をやるのが必須。

 

とにかく、「書きやすさ」よりも「単価の高さ」を重視して案件を選ぶのが稼ぐコツです

ここを間違えると、「クラウドワークスは稼げない!」という誤解のもとになります。

「最初は2,000文字とか絶対無理!」って思ってましたが、やってみると案外簡単にクリアできますよ。

※ただし、興味がある分野だけです。知らない上に興味がない分野で2,000文字とか書くのは苦痛以外の何物でもないです。

 

『タスク』の高単価案件を中心にやって、さらに書くのに慣れてくれば、時給600円~800円程度は稼げると思います。

僕が今やったら時給700円弱でした。

クラウドワークスを『タスクのみ』でやってみたら1日に5千円稼げた体験談

 

②プロジェクト案件に応募する

しばらーく『タスク』ばっかりやってたんですが、ある時ふと『経験不問』(プロジェクトの事)の方を見てみたんですよ。

その時はじめて気が付きました。

「単価が全然違う!!」

普通に『2,000文字で2,000円』とかあるんです。

2,000文字なら2時間以内に終わるので、時給1,000円以上稼げる計算になります。

アホみたいに『タスク』ばっかやってた自分を呪いました…

 

勿論、プロジェクト形式なので、あくまで発注者と契約を結べないと仕事が出来ません。

応募する→テストライティングをやる(ない時もある)→発注者から合格をもらえたら契約

こんな流れです。

良い単価を設定してくれている発注者ほど人気があるので、そこはもう競争です。

相性とかの問題もあるので、1回や2回落とされても気にせず、どんどんチャレンジしていった方が良いと思います。

1文字1円単価での契約を目指しましょう!

ここに到達出来るようになると、時給換算で1,000円位稼げるようになります

 

『プロジェクト』で良い契約を結ぶには実績が大事!

発注者側はこちらの実績なんかも見てますので、どうしても実績がある人の方が有利なんです。

そのため、最初っから良い契約を狙うんじゃなく、徐々にステップアップしていく方が現実的です。

僕も下記のように、実績を作って契約単価を上げていきました。

芸能・エンタメ系のサイト ⇒1文字0.7円

アプリのレビューサイト(ゲーム除く) ⇒1文字0.9円 ⇒途中から1文字1円にアップ

 

継続が何よりの武器!

「1,000文字でも書くのに3時間かかる…」

「『プロジェクト』で良い契約が中々結べない…」

等、挫折しそうになる場面もあるかと思います。

ですが、継続して取り組んでいくことで、実績が積み重なり、信頼されるようになります。

そうなれば、どんどん良い仕事が舞い込んでくるので、最初と比べて圧倒的に稼ぎやすくなるんです。

稼げるようになるまでのスピードは個人差がありますが、2つの鉄則を守り、継続して取り組めば、必ず副業でも月5万円稼げるようになりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です