コンビニコミックが買取可能なのは駿河屋とブックオフ!相場はいくら?

こんにちは、貧困男子です。

たまにコンビニに売られてるあのペラペラな漫画を買う事ってありません?

普通の単行本と同じ位の値段なのに、倍位のボリュームがあってお得じゃないですか。

そんなコンビニコミックにも弱点があって、それが買取してくれる業者が極めて少ないこと。

ほとんどの出張買取業者が「コンビニコミック買取不可」なんでよね…

 

コンビニコミックが買取不可なのは不人気だから

コンビニコミックの表紙ってダサくないですか?

いかにも「コンビニ!」って感じの見た目と、表紙とは思えない程ペラペラな紙質。

本棚に並んでても美しくないといいますか…

そのせいかどうも人気がないようで、買取業者では買い取ってくれません。

 

あと、旬の漫画がないのも欠点。

とうの昔に発売された漫画をコンビニコミックにしてるので、とっくに旬を過ぎてます。

その辺が人気のなさに拍車をかけてる様子。

個人的には、昔の名作が復活してるので、コンビニで見かけるとつい読みたくなっちゃうんですけどね。

 

コンビニコミックの買取相場は?

1円~20円のレンジがほとんど。

ただ、単行本と同じように100円や200円で高価買取をしてる商品もあります

あまり期待しちゃいけませんが、捨てるよりマシです。

 

買取をしてくれてるのは駿河屋とブックオフ。

両社の特徴をお伝えしていきます。

 

コンビニコミックでも高価買取の可能性がある「駿河屋」

駿河屋 コンビニコミック買取

送料 買取点数30点以上なら無料
段ボール 自分で用意
振込手数料 412円

駿河屋の場合、HPを見て頂くとわかるのですが、コンビニコミックでも高価買取(100円とか300円とか)をやっています。

コンビニコミックの高価買取は駿河屋位しかやってません。

高価買取商品がある!」という方にはおすすめです。

ただし、買取可能点数が30点以上でないといけなかったり(値段がつかないのは含まれない)、振込手数料がかかってしまったりと、売るものが多くないと微妙な結果に終わりがちなのでご注意下さい。

 

状態が良ければそこそこの値段をつけてくれる「ブックオフ」

BOOKOFF コンビニコミック買取

送料 10点以上なら無料
段ボール 自分で用意
振込手数料 無料

ブックオフに行くとコンビニコミックのコーナーありますよね。

そのため、ちゃんと買取してくれます。

ブックオフって査定額が低いともっぱらの評判ですが、それは査定の基準が「その本の希少性はさておき、状態が良いか悪いかだけで決める」という独特のルールのため。

つまり、さほど需要がないコンビニコミックでも、状態が良ければ普通に買い取ってくれます

駿河屋で高価買取してくれなさそうな商品ばかりであれば、ブックオフに売ってしまった方が良いです

手数料も取られませんしね。

 

まとめ

超大手しか買取してないです。

そうじゃないと捌けないんでしょうね。

 

「高価買取商品がある」、「買取点数が多い」なら駿河屋

「駿河屋の高価買取商品に該当しない」ならブックオフ

こんな感じに使い分けるのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です