『楽天銀行』と『新生銀行』はどっちがお得?手数料や金利で徹底比較!

こんにちは、貧困男子です。

ネットバンクの中で人気な楽天銀行新生銀行

どちらもサービスが充実しているので、どちらで口座開設しようか迷ってしまいますよね。

果たしてどっちがお得なんでしょうか?

手数料面や金利面など、さまざまな角度から徹底比較していきます!

楽天銀行 新生銀行

 

『楽天銀行』と『新生銀行』を徹底比較!

・金利

・ATMを月に何回無料で使えるか

・他行への振込を月に何回無料で使えるか

の3点で比較しました。

金利 ATM無料回数 他行への振込無料回数
楽天銀行 0.02%~0.1% 月0回~7回 月0回~3回
新生銀行 0.001% 月0回~無制限 月1回~月10回

両行とも、預金額などに応じてサービスが充実するランク制度となっているので、ぱっと見ではどちらが良いかわかりません。

なので、それぞれ細かく比較していきます。

 

金利

新生銀行は0.001%で固定。

これはメガバンクや他のネットバンクもほぼ一緒。

 

それに対して楽天銀行の場合、最低でも0.02%

さらに、マネーブリッジ(楽天証券の口座を開設)をするだけで、0.1%に金利が大幅アップするんです!

これはダントツで日本トップクラス!

なんせ新生銀行の100倍の金利ですからね。

金利面では、圧倒的に楽天銀行がお得です。

マネーブリッジとは?

楽天銀行口座と楽天証券口座を連動させるサービス。

例えば、楽天証券で株を買った時、楽天銀行の口座から直接出金されるようになります。

投資をやりたくない人は、楽天証券口座を開設しても放置すればいいだけです。

別にお金取られたりしませんから。

 

ATM手数料

両行とも、ほとんどのコンビニATM(セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップなど)で使うことが出来ます。

そのため、ATM手数料に焦点を絞って比較しました。

楽天銀行 新生銀行
預金0円 1回:216円~270円 1回:108円
預金10万円以上 月1回無料
預金50万円以上 月2回無料
預金100万円以上 月5回無料 無制限で無料
預金300万円以上 月7回無料

新生銀行がすごいのは、預金が100万円以上あれば、何回ATMを使っても無料なところ

※以前は預金額に関係なく無料だったんですが、2018年10月から改定されてこうなりました。

「100万円以上預ける+頻繁にATMを使う」という方にとっては、新生銀行は最高の銀行です。

 

「100万円以上も預ける予定はない!」って方なら、楽天銀行の方が無難。

10万円預ければ、月に1回は無料でATMを使うことができますからね。

 

他行への振込手数料

楽天銀行 新生銀行
預金0円 3万円未満=165円
3万円以上=258円
月1回無料
預金10万円以上 月1回無料
預金50万円以上 月2回無料
預金100万円以上 月3回無料 月5回無料
預金300万円以上
預金2,000万円以上 月10回無料

楽天銀行の場合、給与の受取口座に設定すれば、月3回無料で他行へ振込できます

そのため、振込手数料に関しては楽天銀行の方が使いやすいと思います。

新生銀行も月10回無料で振り込めるのはすごいですが、預金2,000万円以上はちょっと非現実的ですよね…

 

ポイント付与

両行とも、一定の取引を行うとポイントを付与してくれます。

楽天銀行は楽天ポイント。

新生銀行はTポイントです。

楽天銀行 他行からの振込 1~3ポイント
給与受け取り 1~3ポイント
口座引き落とし 1~3ポイント
他行への振込 1~3ポイント
ATM利用 1~3ポイント
新生銀行 エントリー 1ポイント(月1回まで)
ネット上からログイン 3ポイント(月1回まで)
ファミマのATM利用 10ポイント(月2回まで)
他行から1万円以上の振込 25ポイント(月4回まで)

ポイント付与の一部を抜粋するとこんな感じ。

新生銀行の太っ腹具合が際立ってますね!

うまくやれば、かなりの額のTポイントをもらえます!

 

ただし落とし穴がありまして…

それが、毎月必ずエントリーしないといけないこと

エントリーしないと1ポイントすらもらえないんです。

反対に楽天銀行の場合、もらえるポイントは少ないですが、最初に1度エントリーするだけで、あとは自動的にポイントをもらえます

マメな方なら新生銀行

面倒くさがりなら楽天銀行が向いてますよ。

 

『楽天銀行』と『新生銀行』の比較まとめ

【金利】

⇒0.1%の金利を誇る楽天銀行

 

【ATM手数料】

⇒預金が100万円以上なら新生銀行

⇒預金が100万円未満なら楽天銀行

 

【他行への振込手数料】

⇒給与受取口座にすれば月3回無料で振込できる楽天銀行

 

【ポイント付与】

⇒マメに毎月エントリーできるなら新生銀行

⇒面倒くさがりなら楽天銀行

 

がそれぞれおすすめです。

ここで、改めて両行の特徴を解説していきます。

 

楽天銀行の概要

金利 0.02%
楽天証券口座と連動(マネーブリッジ)させると0.1%
【ハッピープログラム】 条件 ATM手数料 振込手数料
ベーシック なし 216円~270円 3万円未満=165円
3万円以上=258円
アドバンスド 預金10万円以上など 月1回無料 月1回無料
プレミアム 預金50万円以上など 月2回無料 月2回無料
VIP 預金100万円以上など 月5回無料 月3回無料
スーパーVIP 預金300万円以上など 月7回無料 月3回無料

ATM手数料に関しては、10万円以上預ければ月1回以上無料で使えるようになるので、割とお金持ちじゃない層にも優しい仕組み。

給与の受取口座に設定するだけで、他行への振込手数料が月3回無料になりますしね。

 

楽天銀行の最大の魅力はやっぱり金利

楽天証券の口座を開設して連動させるだけで、金利が0.1%ってのは、他のネットバンクと比べても圧倒的!

各種取引のたびに、ちょこちょことポイントをくれるのもありがたいです。

 

あと地味に大きいのが、楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすると、楽天市場での買い物時にポイントが+1%になるところ

金利や手数料面など、各種サービスが充実している上に、楽天ユーザーにとっては特にメリットが大きい銀行です。

公式サイト
楽天銀行

 

新生銀行の概要

金利 0.001%
【新生ステップアッププログラム】 条件 ATM手数料 振込手数料
スタンダード なし 108円 月1回無料
ゴールド 預金100万円以上など 無料(無制限) 月5回無料
プラチナ 預金2,000万円以上など 無料(無制限) 月10回無料

100万円以上の預金が出来る方は、ATM手数料が無制限で無料なので非常におすすめ。

ただし、ゴールドランク(預金100万円以上)にたどり着けない僕みたいな人間はやめておいた方が良いです。

 

毎月エントリーしなきゃいけないという手間はありますが、かなりのTポイントをもらえるのも魅力的です。

個人的に気になるのがアプリのログインしにくさ。

ウェブ版とほぼ同じ手間がかかるので、「だったらアプリの意味なくね?」って思えてなりません。

公式サイト
新生銀行

 

まとめ

色々とお伝えしてきましたが、ざっくりまとめると…

・100万円未満しか預ける予定がない⇒楽天銀行

・100万円以上あって、頻繁にATM使う⇒新生銀行

・100万円以上あって、金利が少しでも高い方が良い⇒楽天銀行

という選び方になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です