【戦国布武】足軽大将~侍大将でのおすすめ部隊編成は?僕の編成も紹介

こんにちは、大史の貧困男子です。

「レベルや官職は一緒なのになぜか勝てない!!」

ってことありません?

戦国布武って編成次第でかなり変わります。

レア度の高い順に並べても勝てないんです。

ということで、足軽大将~侍大将までのおすすめ部隊編成をご紹介していきます。

この編成にすればかなりの確率で勝てるようになる…はず!

 

足軽大将~侍大将は緑と青を主力にしよう!

緑の星5は、青の3、紫の1、橙に匹敵する…

と言われてますが、実際には橙よりも緑の星5の方が強いこともしばしば。

橙はそう簡単に手に入りませんし、武魂をふって進化させるのも困難。

ということで、序盤は緑と青を主力にした方が強いです。

 

「緑に武魂振るのもったいなくない?」

と思うかもしれませんが、将来の2軍や3軍にしたり、副将(侍大将以降)にしたり出来ますし、そもそも少史になれば武魂のリセットが出来るので、あまり気にする必要はありません。

 

主に使う緑武将たち

・京極高次⇒盾

・氏家直元⇒盾

・朝比奈泰能⇒回避+火力

・鵜殿長照⇒回避+火力

・栗山善助⇒盾+回避

・真田信幸⇒激励

・豊臣秀頼⇒火力

・前田利常⇒火力

・徳川秀忠⇒回復

・大道寺政繁⇒回復

 

主に使う青武将たち

・森岡信元⇒盾+援護

・馬場信房⇒盾

・南光坊天海⇒盾+回復

・筒井順慶⇒回復

・内藤昌豊⇒火力

・甘粕景持⇒火力

・高坂昌信⇒火力

・出浦盛清⇒火力

 

【足軽大将向け】おすすめ部隊編成

戦国布武 おすすめ編成

京極、氏家、南光坊

大道寺、秀頼、利常

 

テンプレ中のテンプレです。

この編成ちょくちょく見かけますし、足軽大将時代に僕も使ってました。

 

京極氏家コンビは盾です。

武塊をふって進化させていくと、ひたすら防御力が上がります。

南光坊もそこそこ防御力がある上に、後列回復、そして後列に智略(計略ダメージ小アップ)を付与できるので、後列のサポート役。

秀頼利常は火力要員。

秀頼は全体に160%の計略ダメージなので、恐ろしいほど強いです。

間違いなく序盤最強。

利常はスキルゲージ1で敵前列に計略ダメージ75%なので、地味に強いです。

大道寺は前列の回復役とデハブの消去。

秀頼は味方の攻撃力を下げるデメリット持ちなので、大道寺でカバーします。

足軽大将ならこれでだいたい勝てるはず。

 

【侍大将向け】おすすめ部隊編成

侍大将に昇格すると、緑ばかりだときつくなってきます。

徐々に青武将に入れ替えていくのがおすすめ。

計略編成と物理編成をそれぞれ作ってみたので、お好みで選んでみて下さい。

 

侍大将向け計略編成

南光坊、森岡、筒井

利常、秀頼、高坂

 

利常秀頼高坂の3人で敵前列を消し飛ばす編成。

侍大将なら最強クラスの火力を誇ります。

森岡と南光坊は後列に智略を付与できるので、さらに3人の火力が上がります。

筒井は前列回復に。

大道寺と筒井は正直どっちでも良いんですが、筒井の方が防御力が高いのでこっちにしてみました。

ちなみにこの編成、僕は少史後半の2軍にしてました。

NPC相手なら勝てますが、プレイヤー相手には全然勝てませんでしたが。

 

侍大将向け物理編成

馬場、森岡、朝比奈

内藤、甘粕、鵜殿

 

ゴリゴリの物理編成。

馬場と内藤はセットだと物理防御が+30%される上に、馬場はそもそも防御力が高いので、そうそう倒されません。

内藤は火力要員。

森岡は後列に力戦(物理攻撃小アップ)を付与できるので、物理編成にも使えます。

朝比奈と鵜殿はセットだと回避+15%されるので是非一緒に。

あと、甘粕と鵜殿はそれぞれ「鉄砲隊」の兵種持ち。(兵種は侍大将以降に開放されます)

鉄砲隊は兵力最小の部隊を攻撃してくれるので、着実に1部隊ずつ倒していけます。

計略編成だと、対部隊なら力を発揮するものの、対城だと弱いのが欠点。

1軍が計略編成なら、攻城戦用に2軍は物理編成にしておいた方が良いです。

2軍の物理編成を作るなら↓にすればOK

馬場、京極、氏家

内藤、朝比奈、鵜殿

 

あくまで例なので、この通りにやる必要は全くないです。

強い橙が手に入ったら組み込むのも全然アリですし。

使いやすい編成を色々工夫してみて下さい。

 

僕が使ってた編成

侍大将後半~少史前半

足軽大将の時は先ほど紹介した編成使ってました。

で、侍大将の後半あたりから紫や橙とスイッチさせて、結果こうなってました↓

攻撃しながら自分も回復できる斎藤道三と、縦列動揺(1ターン行動できなくなる)攻撃ができるお市の方は壁役。

高坂と秀頼が火力要員。

光姫が前列に回復と激励を付与して、浅井長政が後列に激励してサポートする形です。

結構強く、少史に上がったばかりでもそこそこ勝ててました。

MEMO

今スクショしたので、レベルと星は当時と異なります。

侍大将時代は、橙は星1あるかないか。光姫は星2か3、高坂と秀頼は星5でした。

 

ただ、いくつか課題があって…

・浅井前衛は厳しい

・高坂秀頼コンビの火力が物足りなくなってきた

・物理が浅井しかいないので攻城戦に弱い

ということで少史後半から編成を変えました。

 

少史後半~大史前半

大史前半ではこの編成に。

お市の方と道三はそのまま。

蜂須賀小六は防御系の天賦が揃ってる上、前列に壊滅(最大兵力の15%ダメ)を付与できるので、前衛兼火力要員。

火力要員はゴリゴリ物理の島左近に。

橙はほとんど星2で、これは大史だとかなり弱い方だと思われますが、意外とそこそこ戦えます。

蜂須賀が異常なほど活躍してくれたおかげです。

 

官職ごとの編成の傾向

官職によって強い編成が異なるので、僕の感覚を元にそれぞれ解説してみようと思います。

まず、足軽大将~侍大将は計略、回復、激励が強いです。

計略武将を火力要員にして、回復できる武将を混ぜる形が基本。

長期戦になりやすいので、回復や激励持ちがいると強いです。

 

少史だと、後列攻撃パーティーと毒泉パーティーが猛威を振るいます

前列に壁武将、後列に火力武将を配置してることが多いので、後列から倒されると何もできなくなります。

この時期に大谷持ってる人はめちゃめちゃ有利だと思います。

あと、回復武将を使ってる人がほとんどなので、毒泉を混ぜておくとかなり効果的。(藤堂とか)

 

大史になると、物理が強くなり、回復武将や毒泉武将が微妙になってきます

特に会心持ち物理武将の場合、会心が発動すると、回避を無視できる上にスキル発動時並みのダメージを与えられるので、かなり強いです。

それに城レベルが4や5になると、そこそこ強い物理武将を持ってないと突破できないため、物理武将の方が使い勝手が良いなーと感じる場面がちょくちょくあります。

火力があがるせいか速戦になることが多いので、回復する前に倒されたりするなど、回復武将がイマイチになり、それに伴って毒泉武将も廃れていく傾向にあります。(黒田官兵衛除く)

大史からは再び編成のテンプレ化が進み、「大谷」「佐助&幸村」「秀吉」「淀殿」あたりを軸にした編成が激増します。

強い人ほど編成が似たり寄ったりに…

あくまで僕の主観ですよ

 

以上、戦国布武での部隊編成についてでした。

序盤はテンプレ編成にするのが無難ですが、徐々に紫や橙を織り交ぜていって、オリジナルの強い編成を目指してみて下さい。

編成考えるの楽しい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です