レンタルスペースに昔住んでたんだ~住民票も置けたよ~

倉庫的な使い方が本来の目的である「レンタルスペース(トランクルーム)」。

昔そこに住んでたんですよ。

しかも住民票も置いて。

 

レンタルスペースって住めるの?違法じゃないの?

ぶっちゃけ住めます。

ただし、当時は知らなかったのですが、本当は違法です。

 

本来、人を宿泊させる場合、業者が「宿泊業」として届け出て許可を受ける必要があります

レンタルスペースは勿論届け出ていません(ネカフェもそうです)。

そのため、「宿泊したいです」ってお客さんを泊めるわけにいかないのです。

宿泊業として届け出ていない業者が、宿泊目的のお客さんを泊めていた場合、何かしらの罰則が業者に下されるはずです。

利用者が罰せられたケースは今のところはありません。

 

どうやって借りるの?何が必要?

当時の僕はそんなことも知らなかったので、「物置として使いたいです」とすっとぼけて借りました。

 

必要なのは身分証明書位

特に敷金もなく(これは業者による)、初月分と翌月分を渡し、そのまま鍵を受け取りました。

保証人も必要なく、手続きは簡単でしたよ。

 

レンタルスペースに住民票置ける?郵便物は受け取れる?

郵便物は普通に受け取れます

部屋の前まで来てくれますよ。

郵便受けがあるとこだとなお良いと思います。

 

住民票については僕は置いてました

役所からのお知らせとかも問題なく来ましたよ。

 

何でレンタルスペースに住んだの?

 

A.貧乏だったから

 

ただこれだけです。

部屋を借りる時って初期費用えげつないじゃないですか。

当時手持ちがあまりなかったのですが、もれなく実家を追い出されることになったんです。

そこで圧倒的な閃きが!

 

「レンタルスペースっ住めるんじゃね?」

ざわ・・・ざわ・・・

 

「めっちゃ家賃抑えられるんじゃね?」

ざわ・・・ざわ・・・

 

「俺は天才か!?」

って思いました。

 

当時、無駄に行動力も備えていた僕は早速動き出します。

狙うはトイレ・シャワー付きのレンタルルーム( ー`дー´)!

 

そして、ネットで見つけたレンタルルームに行き内見、そこで契約し、早速引っ越しました。

しかし、そこでは数々の誤算が…

 

住めそうなレンタルスペースは貧困層の吹き溜まり

住めそうな雰囲気を漂わせているレンタルスペースに無事入所(←あえて入所と表現させて頂きましょう)。

※住めそうな雰囲気とは=トイレやシャワーがある・管理会社の管理が緩め(出入り自由なところ)

 

雰囲気漂わせてるだけあって、他にも入所者がいるんですよ。

それも意外に多い。

20代の若い人が多いですね。

20代の女性もいることに一番驚かされました。

大丈夫か日本!?

 

住めるレンタルスペースは騒音が…

沢山人がいると、やはり気になるのが騒音

一応部屋ごとに区切りはあったのですが、うすっぺらーい壁なので、隣や廊下の音が丸聞こえ。

こっちが寝ようとしてるのに、夜中に帰ってきてごそごそするやつがいると、うるさくて寝づらいんですよ。

朝とかまだこっちは起きる時間じゃないのに、隣のやつの目覚ましで目覚めたりしましたからね。

このあたりはメンタル強めじゃないと厳しいと思います。

 

〇リしてるやつもいた

一番恐怖を感じたのはこれ。

同じ住民で20代前半の女がいたんですが、明らかに〇リしてる感じ…

時々その女のスペースに知らない男が入っていくんですもん。

なんかごそごそしてる音聞こえるし…

 

「いえぇーーーーい!!俺も相手してもらっちゃおーーー」とはならないです。

 

シンプルに怖いです

 

住めるレンタルスペースは共有物が汚い

特にトイレとか。

汚物が便器からはみ出してたことすらあります。

何で????

どうやって??????

 

一応清掃も入るのですが、結構なスピードで汚れていきます。

あとGも見かけましたしね…

綺麗好きな方はやめておいた方が良いです。

 

ネカフェよりはましだけど…

基本住むための場所じゃないので、住みやすくはないです。

特に他にも住民がいると快適度は下がっていきます。

とは言え、月2万程度で家賃が済むのは魅力ですけどね。

ネカフェより安いですし、荷物をずっと置いて置けるのも良いです。

 

貧困層最後の砦って感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です