口内炎に効くおすすめの薬10選!パッチ(貼り薬)・塗り薬・貼り薬・スプレー等…

こんにちは、なぜか頻繁に口内炎ができる貧困男子です。

口内炎、痛いですよね…

食べるだけで痛いし、何なら口を開いただけでも痛い。

口内炎

口内炎が出来てるってだけで何もしたくなくなります。

僕みたいに口内炎が出来やすい人にとっては、口内炎用の薬が必須!

ということで、口内炎に効くおすすめの薬と選び方をご紹介していきます。

注意
口内炎って色んな原因で出来るため、人によってとるべき対策が異なります。

そのため、ある人には効いた薬が別の人には効かないなんてことが起こります。

僕の主観に基づいてご紹介してますので、あくまで参考までに。

 

口内炎の薬は全部で4種類!選び方は?

「パッチ(貼る)」「塗る」「スプレー」「飲む」の4種類に分けられます。

口内炎の場所や目的に応じて選んでみて下さい。

各種類の違いについてまず解説していきます。

 

パッチ(貼り薬)

シールみたいなのを口内炎に貼ります。

口内炎 パッチ

特徴としては、口内炎が治るだけじゃなく、痛みが軽減されること。

パッチが口内炎を覆ってくれるので、「口内炎が歯や食べ物に触れて痛い!」って事態を防げます。

粘着力が強いので数時間も使えますし、普通に会話とかしてても剥がれません(商品によりますが)。

食事するとさすがに剥がれやすいですけどね。

基本的に、日中はこのパッチタイプをメインで使うのがおすすめです。

 

ただし、弱点は値段

どの商品も1枚あたり100円程度するので、結構高い…

 

塗り薬(軟膏)

口内炎に軟膏みたいなのを塗り付けます。

口内炎 塗り薬

塗り付けるだけなので、かなり取れやすいのが弱点

飲み物を飲んだり会話したりするだけで、すぐにどっかいっちゃいます。

塗り薬を使ってる時はあまり口を動かせません。

日中にメインで使うにはちょっと厳しいので、使うとしたら口をあまり動かさない時に限られると思います。

 

メリットは料金。

一本1,000円前後で買えますが、1本あればかなり長持ちします

ちなみに、痛みはあまり軽減されません。

 

スプレー

口内炎めがけてスプレーで薬を吹きかけるタイプ。

パッチも塗り薬も、外出中に使うのは難しいです。(手を綺麗にしないといけないし、鏡欲しいし、見た目が悪いし…)

スプレータイプなら外出中でも気軽に使うことができます

「パッチ貼ってると見た目的にちょっと…」とか、「剥がれちゃったとき用の予備が欲しい…」って時に活躍してくれます。

 

ただし、効果の面ではパッチや塗り薬には1歩劣るように感じます。

狙ったところに中々命中しなくてイライラすることもあるしね。

 

飲み薬

飲み薬を飲んで、体の中から治すタイプ。

舌の横とか喉とか、パッチも塗り薬も役に立たない場所に口内炎が出来た時に活躍してくれます

場所に関係なく効果を得られるのが良いところ。

ただし、薬が効いてくるまでにかなり時間がかかるので、痛みがピークの時に飲み始めても手遅れ

痛み止め的な効果はありませんし、あまり使い勝手はよくありません。

 

選び方まとめ

・「治したい+痛みから解放されたい」⇒パッチ

・「安い方が良い+口を動かさない時」⇒塗り薬

・「外出時にさっと使いたい」⇒スプレー

・「トリッキーな場所に出来た」⇒飲み薬

 

こんな形で選ぶのがおすすめです。

僕は基本的にパッチをメインで使ってます。

皆さんも、口内炎が出来た場所や状況に応じて選んでみて下さい。

MEMO
パッチ(貼り薬)や塗り薬を使う場合は、その前に唾液をタオルやティッシュで拭き取っておきましょう。

これをやらないと、うまく貼ったり塗ったり出来ません。

 

それでは、各タイプごとにおすすめの薬を紹介していきますね。

 

口内炎に効くおすすめのパッチ(貼り薬)3選!

1位『大正製薬 口内炎パッチ大正A』・『大正製薬 口内炎パッチ大正A クイックケア』

ある程度厚みがあるため、口内炎をしっかり守ってくれ、歯や食べ物があたっても全然痛くないんです!

治りも結構早いので、これがあると大分楽になります。

粘着力が強く、接着面じゃない方がツルツルしてるので、唇や歯に引っ付いて剥がれちゃったということがないのも良いところ。

水を飲んだり会話したり程度じゃ全く剥がれません。

 

数時間たつと、知らない間に剥がれて口の中を漂うので、それを捨てます。

直径は10cmあるので、よほどの大物が出来ない限り問題なく使えるはずです。

使い勝手が良く、効果も実感できてるので、個人的には最もおすすめです。

 

クイックが付いてる方はステロイド配合、付いてない方はステロイド無しです。

ステロイドとは
炎症を抑える働きがある一方、副作用の恐れがあります。

口内炎の薬では、入ってる商品の方が多いです。

「一刻も早く治したい!」→ステロイド有

「副作用が起きる可能性は極力排除したい!」→ステロイド無

で選ぶと良いです。

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

【指定第2類医薬品】口内炎パッチ大正クイックケア 10枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

2位『佐藤製薬 アフタッチA』

貼り付けてしばらくするとジェル状になります。

そのジェルが口内炎を守ってくれるので、ほとんど痛みを感じずに済みます!

比較的違和感を感じにくいのも良いところ。

最終的にはそのまま口の中で溶けてなくなります。

 

ただ、歯とかにあたると、ズレたり剥がれたり分裂したりしやすいのが難点。

『口内炎パッチ大正A』とどっちが好きかは好みが分かれるところですが、僕は剥がれやすさが気になったのでこの順位にしました。

【指定第2類医薬品】アフタッチA 10錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

3位『第一三共ヘルスケア トラフルダイレクト』

個人的には、最も粘着力が弱いように思います。

歯にあたるとくっついちゃうことがあるんです。

しばらくすると溶けてなくなるんですが、溶けるまでが結構早いので、コスパ的にも微妙。

あんまりおすすめじゃないです。

【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

口内炎に効くおすすめの塗り薬4選!

1位『森下仁丹 デンタルクリーム』

「とにかく口内炎の痛みを何とかしたい!」って時に大活躍してくれます。

麻酔成分が入っているせいか、塗ってから少しすると、ほとんど痛みを感じなくなります。

口内炎があっても気にせずご飯が食べられるんです!

超画期的!!

死ぬほど効くんですが、「麻酔成分を頻繁に塗ったら体に悪いんじゃないか?」という気がしてなりません。

僕はここぞという時だけ使うようにしてます。

【第2類医薬品】デンタルクリーム 5g

 

2位『佐藤製薬 アフタガード』

クリームみたいなのが固まるので、比較的粘着性に優れてます。

使い勝手が良いので、「塗り薬が良いんだけど、『デンタルクリーム』はちょっと…」って方におすすめです。

【指定第2類医薬品】アフタガード 5g ※セルフメディケーション税制対象商品

 

3位『ブリストル・マイヤーズ ケナログA口腔用軟膏』

口内炎の薬で最も定番な商品。

特にこれといった特徴が思い浮かばない、普通の口内炎薬です。

【指定第2類医薬品】ケナログA口腔用軟膏 5g

 

4位『第一三共ヘルスケア トラフル軟膏』『第一三共ヘルスケア トラフル軟膏PROクイック』

ここで挙げた塗り薬の中で、一番剥がれやすかったです。

ちゃんと効いてはくれるんですが、そこが不満。

ちなみに、PROクイックの方はステロイド有です。

【第3類医薬品】トラフル軟膏 6g

【指定第2類医薬品】トラフル軟膏PROクイック 5g ※セルフメディケーション税制対象商品

 

口内炎に効くおすすめのスプレー!

『第一三共ヘルスケア トラフルクイックショット』

手が汚れてても使えるので、外出時に重宝します。

どちらかと言えば「治す」よりも「痛みを抑える」に主眼が置かれてるので、外出中に痛みに耐えきれなくなった時用。

即効性があるのも良いところ。

ただ、治す力はそこまででもない気がします。

あと持続力もいまいち。

あくまでパッチや塗り薬をメインに、外出時の予備に『トラフルクイックショット』という使い分けがおすすめです。

【第3類医薬品】トラフル クイックショット 20mL

 

口内炎に効くおすすめの飲み薬2選!

1位『エーザイ チョコラBBプラス』

口内炎専用というより、お肌のトラブル全般のもの。

ビタミンが補給できるので、健康的に口内炎を治せます。

効いてくるまでにかなり時間がかかるのが難点。(効果を実感できないこともあったり…)

とは言え、副作用の心配がほとんどいらず、安心して飲めるのでおすすめです。

パッチや塗り薬と併用するのが最も効果的です。

1粒あたりの料金がかなり安いのも良いところ。

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

 

2位『第一三共ヘルスケア トラフル錠』

こちらは口内炎専用の飲み薬。

ただ、効果的には『チョコラBB』とあんまり変わらない印象。(僕の気のせいかもしれませんが)

だったら料金的に安い『チョコラBB』の方が良いと思います。

【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

 

以上です。

ちなみに、僕は『大正製薬 口内炎パッチ大正A』をメイン、

『森下仁丹 デンタルクリーム』を痛みに耐えきれなくなった時用に、

という形で口内炎を乗り切ってます。

皆さんもお気に入りの口内炎薬を見つけて、口内炎を乗り切りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です