楽天モバイルの料金プランを徹底解説!スーパーホーダイ?組み合わせプラン?

こんにちは、貧困男子です。

「楽天モバイルに乗り換えようかな?」という時、料金プランをどうするかで迷いませんでした?

楽天モバイル 料金プラン

楽天モバイル公式サイトより

通話ができない『データSIM』や『050データSIM(SMS機能付きSIMのこと)』なら『組み合わせプラン』一択です。

悩むのが『音声SIM(通話ができるプランのこと)』の場合。

最近できた『スーパーホーダイプラン』と、昔からある『組み合わせプラン』の2種類があります。

個人的には『スーパーホーダイプラン』の方がお得だと思うので、その理由も含めて、両プランについて徹底解説していきます。

 

『組み合わせプラン』とは?

楽天モバイルに昔からあるプラン。

どちらかといえば、このプランの方がスタンダード(他の格安SIM会社の料金プランと似てる)な内容です。

楽天モバイル 組み合わせプラン

例えば、3.1GBなら1,600円です。

高速データ通信量の3.1GBを使い切ると、速度がガクッと落ちて、ググるだけでもかなり重くなります。

ベーシックプランは最初っからずっと重い状態なので、Wi-Fiルーターとかと併用する方向けですね。

通話料は30秒につき10円

毎月+850円で、10分間のかけ放題を付けられます

 

『組み合わせプラン』は他社と比較すると安い?高い?

大手の格安SIM会社の料金と比較してみました。(比較としてドコモも入れてます)

※全部通話もできる料金プランで比較してます。

※データ通信量は3GBで統一してます。極力。

通信量 月額料金 3年間の総額
U-mobile 3GB 1,580円 56,880円
BIGLOBEモバイル 3GB 1,600円 57,600円
maineo 3GB 1,600円 57,600円
楽天モバイル 3.1GB 1,600円 57,600円
UQモバイル 3GB 1,680円 60,480円
LINEモバイル 3GB 1,690円 60,840円
Y!mobile 2GB 1,980円(1年後→2,980円) 95,280円
ドコモ 3GB 5,280円 190,080円

各社示し合わせたようにほとんど変わりません。

楽天モバイルの『組み合わせプラン』は、格安SIM業界では平均的な料金プランと言えます。

 

とは言え、

楽天モバイルの月額料金の1%分、楽天ポイントがもらえる

楽天モバイルを契約してると、楽天市場での買い物時にポイントが+2%される

という2つの特典があるので、楽天ユーザーにとっては魅力的。

 

とはいえ、そうじゃない方にとっては「じゃあLINEよく使うからLINEモバイルにしよっかな~」ってレベルですよね。

ただ、『スーパーホーダイプラン』なら、楽天ユーザーじゃなくても中々に魅力的なプランになってます!

 

『スーパーホーダイプラン』とは?

楽天モバイル スーパーホーダイプラン

こちらは、2GBだと2,980円

 

『組み合わせプラン』との大きな違いの1つが、高速データ通信量を使い切ってもさほど重くならないという点。

通常、高速データ通信量を使い切ると200kbps程度に落ち込みます。

これは、ググってもなかなか検索結果が出てこないレベルの重さ。

ですが『スーパーホーダイプラン』だと、高速データ通信量を使い切っても1Mbpsで使い放題なんです。(12時~13時、18時~時19は300kbps)

これは、ググったり、ヤフーニュース読む分には全く支障がないほど。

動画とかエ〇画像サイトとか見てると厳しいですけど…

楽天モバイルアプリで簡単に高速データ通信のオンとオフを切り替えられるので、うまく使い分けるとかなり節約できます。

画像

高速データ通信量が少なくてもさほど困らなくなっています。

 

もう一つの違いが通話料。

(本来は毎月+850円かかる)10分のかけ放題が無料で付いてきます。(10分経過後は30秒10円)

 

ただ、それでも『スーパーホーダイプラン』の方が高いですよね。

しかし!

『スーパーホーダイプラン』には3つの割引が用意されています!

 

①楽天会員なら2年間にわたって500円割引

楽天会員には誰でも無料でなれるので、事実上全員に適用される割引です。

 

②楽天のダイヤモンド会員なら1年間にわたって500円割引

ダイヤモンド会員の条件
6カ月以内に以下の3つの条件をクリアすること

・4,000ポイント以上獲得

・ポイント獲得回数が30回以上

・楽天カードを保有してる

楽天モバイル契約時にダイヤモンド会員でなくても、ダイヤモンド会員になった時点で割引が適用されますので、楽天モバイル契約中の方も是非目指してみてはいかがでしょう?

楽天カードをメインで使っていればそこまで達成は難しくないですよ。

楽天ダイヤモンド会員楽天ダイヤモンド会員のメリット・特典を全力プレゼン!意外に役に立つよ!

 

③2年契約なら2年間にわたって500円割引、3年契約なら2年間にわたって1,000円割引

2年契約にするか、3年契約にするかで割引額が異なります。

契約期間中に解約すると9,800円がかかりますが、契約期間を過ぎてしまえば、いつ解約しても解約料はかかりません。

 

以上の3つの割引を図にするとこんな感じ↓

楽天モバイル スーパーホーダイ割引表

スーパーホーダイのプランS(2GB)の割引適用時の料金表

 

結局『組み合わせプラン』と『スーパーホーダイプラン』どっちが安い?

『組み合わせプラン』、『組み合わせプランに10分かけ放題オプションを追加』『スーパーホーダイプランの2年契約』、『スーパーホーダイプランの3年契約』の4つを比較してみました。

月額料金 2年間総額 通信量 通話料 解約金
組み合わせ 1,600円 38,400円 3GB 30秒10円 1年以内9,800円
組み合わせ+かけ放題オプション 2,450円 58,800円 3GB 10分かけ放題 1年以内9,800円
スーパーホーダイ2年契約 1,980円(2年後→2,980円) 47,520円 2GB 10分かけ放題 2年以内9,800円
スーパーホーダイ3年契約 1,480円(2年後→2,980円) 35,520円 2GB 10分かけ放題 3年以内9,800円

通話料の10分かけ放題があるので、総合的に見ると『スーパーホーダイプラン』の方がほぼ間違いなく安くなります

ここからさらにダイヤモンド会員割引が適用されれば、500円が1年間割引されるので(計6,000円)、『スーパーホーダイプラン』の方が明らかにお得。

ただし、2年経過すると割引が一切なくなるので、そうなると『スーパーホーダイプラン』を継続するメリットはなくなります。

基本的には、最初は『スーパーホーダイプラン』にし、後で『組み合わせプラン』に変更するという形になります。

まぁその頃には別のお得なプランが出来てるかもしれませんけどね。

 

ここで1つ悩みどころなのが、「2年契約と3年契約どちらを選ぶか?」というところ。

 

スーパーホーダイは2年契約と3年契約どっちが良い?

ということで、3年間加入したと仮定して、両方のパターンで計算してみました。

※ダイヤモンド会員割引なしで計算してます

3年間の総額
A スーパーホーダイ2年契約→2年後に組み合わせプランに変更 1,980円×24カ月+1,600円×12カ月=66,720円
B スーパーホーダイ3年契約→3年後に組み合わせプランに変更 1,480円×24カ月+2,980円×12カ月=71,280円

安いのはA(スーパーホーダイ2年契約にし、2年後に組み合わせプランに変更)。

しかし、2年後の組み合わせプランに変更すると、10分かけ放題がなくなるので、通話をさほどしないならあり。

 

ある程度通話をするならB(スーパーホーダイ3年契約にし、3年後に組み合わせプランに変更)。

これなら3年間にわたって10分かけ放題が付いたままになりますからね。

 

料金的にはさほど変わらないのでお好みで選んでみて下さい。

僕は多少通話するので、スーパーホーダイの3年契約にしました。

 

まとめ

思いのほか長ーく書いてました。

ちょっとわかりにくかったかもしれませんがご容赦をm(__)m

 

ざっくりまとめますと…

・『組み合わせプラン』は格安SIM会社の料金プランの中では平均的

・『スーパーホーダイプラン』は高速通信量を使い切ってもあまり重くならない

・『スーパーホーダイプラン』は10分かけ放題が自動的に付いてくる

・通話料も加味すると、『組み合わせプラン』より『スーパーホーダイプラン』の方が安くなる(ダイヤモンド会員割引が適用されればさらに)

・ある程度通話する人なら「スーパーホーダイ3年契約→3年経過後に組み合わせプランに変更」、さほど通話しない人なら「スーパーホーダイ2年契約→2年経過後に組み合わせプランに変更」がおすすめ

 

以上です。

もうちょっとシンプルな内容になって欲しいなぁ…

公式サイト
楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です