楽天モバイルに乗り換えた3つの理由!3年間で19万も安くなり驚愕した!

こんにちは、先日楽天モバイルに乗り換えた貧困男子です。

ずーーっとドコモを使ってたのですが、高かったので少しでも安くしたかったのです(給料が1円も上がらないから)。

何とか安くする方法がないかと調べてたのですが、結局「ない」と判明。

ドコモ ベーシックパックドコモの『ベーシックパック』と『シンプルプラン』に絶望した!!

格安SIMに乗り換えることに決め、かなり調べた結果、楽天モバイルにしました。

楽天モバイル

今回は、僕が楽天モバイルに決めた理由をお伝えしていきます。

同じように「格安SIMにしようとは思ってるけど、どれにしたらいいかさっぱり」という方のお役に立てればいいなと。

僕のスマホの利用状況
・データ通信量は毎月2GB以内(Wi-Fiルーター持ってるから)

・通話は少しする

・端末はiPhone6でまだ継続して使う予定

 

①楽天モバイルは安い!特に通話料が!

大手の格安SIM会社を比較してみました。(比較としてドコモも入れてます)

※全部通話もできる料金プランで比較してます。

※出来ればデータ通信量は2GBで統一したかったのですが、うまくそろわなかったので、そこのところは大目に見て下さい。

通信量 月額料金 3年間の総額
LINEモバイル 1GB 1,200円 43,200円
BIGLOBEモバイル 1GB 1,400円 50,400円
maineo 1GB 1,500円 54,000円
U-mobile 3GB 1,580円 56,880円
UQモバイル 3GB 1,680円 60,480円
楽天モバイル 2GB 1,480円(2年後→2,980円) 71,280円
Y!mobile 2GB 1,980円(1年後→2,980円) 95,280円
ドコモ 1GB 4,180円 150,480円

こうして比較してみるとドコモの高さが際立ってますね。

ちなみに最安はLINEモバイル。

むしろ楽天モバイルはやや高い部類に属します。

が!

通話料も含めて比較すると…

通話無料 30秒あたりの通話料 3年間の総額
LINEモバイル なし 10円 43,200円
BIGLOBEモバイル なし 9円 50,400円
maineo なし 20円 54,000円
U-mobile なし 20円 56,880円
UQモバイル なし 20円 60,480円
楽天モバイル 10分無料 10円 71,280円
Y!mobile 10分無料 20円 95,280円
ドコモ なし 20円 150,480円

3年間の総額が安い格安SIM会社は、通話料無料がありません。

オプションで付けることはできるのですが、もちろん有料。

例えば、LINEモバイルに「10分無料オプション」をつけると、毎月880円もかかります。

3年間で31,680円にもなるので(合計すると74,880円になる)、結局通話料分を考慮すると、楽天モバイルの方が安いんです。

 

勿論、「LINEがあるからほぼ電話なんて使わない」という方ならLINEモバイルの方が良いですが、僕みたいに「少しは電話使う」って方には楽天モバイルが良いんじゃないでしょうか?

 

②楽天モバイルは特典やキャンペーンが優秀!

特典やキャンペーンが沢山あるんです。

※今やってるキャンペーンはこちら↓をご参照下さい

楽天モバイル 楽天ポイント2倍キャンペーン楽天モバイルの【2018年7月に適用できる】10のキャンペーンまとめ!

特に僕が心を惹かれたのは、月額料金の1%分の楽天ポイント付与、楽天市場での買い物時にポイント+2%、ダイヤモンド会員割引の3つ。

 

⑴月額料金の1%分の楽天ポイント付与

楽天モバイルの月額料金の1%分、楽天ポイントをもらうことが出来ます。

しかも、楽天カードで支払いをすればさらにもう1%分ポイントをもらえるので、実質2%もポイントをもらえる計算に

楽天ユーザーにとっては事実上の割引みたいなものです。

 

⑵楽天市場での買い物時に楽天ポイント2%付与

通常、楽天市場での買い物はポイント+1%

楽天カードを持っていれば+2%

さらに、楽天モバイルを持っているということで+2%されるので、合計で5%になるんです。

1万円の物を買う度に、ポイントが500円分ももらえるんですよ!

楽天ユーザーには中々嬉しいですよね。

※楽天市場アプリ経由で買い物すると、さらに+1%してくれます。

楽天市場 アプリまだ楽天市場アプリ使ってないの?メリット・デメリットを徹底解説!

ちなみに、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いにあてることも出来ます。

 

⑶ダイヤモンド会員割引

これは、楽天のダイヤモンド会員だと、1年間にわたって500円割引してくれるというもの。(僕は以前からダイヤモンド会員)

500円の割引って結構大きいですよ。

ダイヤモンド会員になるには…
・過去6カ月で4,000ポイント獲得

・30回以上ポイントを獲得する

・楽天カードを保有する

の3条件を満たせばOKです

一見大変そうですが、公共料金系(電気ガス水道とか)や携帯料金等を楽天カードで引き落とし、あとは楽天市場でちょこちょこ買い物してれば自然となれます。

ちなみに、楽天モバイル加入時にダイヤモンド会員じゃなく、途中からダイヤモンド会員になった場合でもこの割引は適用されますので、ダイヤモンド会員を目指してみるのはいかがでしょうか?

※ダイヤモンド会員割引の詳細はこちらからご確認下さい⇒ダイヤモンド割キャンペーン

 

③問い合わせのレスが良かった!

格安SIMに乗り換える時、「ちゃんと相談できないとなんか怖い」という漠然とした不安があったんです。

例えば、「問い合わせがメールでしかできなくて時間がかかる…」とか、「中々問い合わせ先が見つかず、よくある質問とかのページで自己解決させようとする…」とか、「電話しても混んでて中々つながらない…」とかね。

 

気になったので、楽天モバイルでも問い合わせをしてみたのですが、チャットサポートが非常に優秀でした。

サイトの右下に出てくるこれ↓

楽天モバイル チャットサポート

すぐチャットで聞きたいことを聞けました。

電話みたいに、自動音声が流れて、「〇〇なら1を、〇〇なら2を…」とかチンタラ時間がかかることもありません。

レスがはやくて良かったです。

「どうしても対面がいいんだ!」って方も、楽天モバイルは店舗が結構多いので、そんなに心配することはないと思いますよ。

 

楽天モバイルに乗り換えてどうなった?

楽天モバイルのプランは2種類あって、『スーパーホーダイ』か『組み合わせプラン』。

楽天モバイル 料金プラン

通話アリの場合は『スーパーホーダイ』の方が確実にお得なので、『スーパーホーダイ』を選択。

 

毎月のデータ通信量に応じてS(2GB)・M(6GB)・L(14GB)・LL(24GB)の中から選びます。

楽天モバイル 通信量プラン

僕はあんま使わないのでS(2GB)に。

 

あとは、何年契約か(1年・2年・3年)を選びます。

僕は3年契約にしました。

料金プランについて「細かく知りたい!」という方はこちら↓をご参照下さい。(細かく解説してます)

楽天モバイル スーパーホーダイ割引表楽天モバイルの料金プランを徹底解説!スーパーホーダイ?組み合わせプラン?

 

『スーパーホーダイ』+『プランS』+『3年契約』にした結果…

月額料金は980円に!(ダイヤモンド会員割引が適用されてます)

 

今までのドコモと比較すると…

※月額料金はほぼ通話しなかったパターンで比較してます。

通信量 通話料 月額料金 3年間総額
楽天モバイル 2GB 10分無料(30秒10円) 980円(1年後→1,480円。2年後→2,980円) 65,280円
ドコモ 2GB 5分無料(30秒20円) 7,000円 252,000円

なんと差額は186,720円!!

恐ろしい!

しかも、通話料は5分無料から10分無料に、それ以後の通話料も30秒20円から10円にと、安くなってます

たった3年間で19万も安くなったあげくに、通話料も安くなってるという事実…

何でもっと早く変えなかったの僕?

バカなの?

 

まとめ

①通話料も含めると安い

②特典やキャンペーンが優秀(月額料金の1%ポイント付与、楽天市場でのポイント+2%、ダイヤモンド会員なら1年間500円割引)

③問い合わせのレスが良い

ということで、楽天モバイルに乗り換え、ドコモ時代と比べて3年間で19万も安くなりました。

 

格安SIMに乗り換えると、通信速度が遅くなるって聞いてたのですが、僕の感覚では「言われてみれば少し遅くなったかな?」レベル。

動画とかゴリゴリ使う方は別かもしれませんが、僕の主な使用用途はYahoo!ニュースの流し読みなので、いまいちドコモ時代と楽天モバイルとでのスペック差がわかりません。

唯一、お昼の時間帯にちょっと遅くなったかなーって感じるくらいです。

今回、楽天モバイルに乗り換えてかなり満足してます。

公式サイト
楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です