『moneybook』で家計簿つけた感想と使い方!デザインがオシャレ!

こんにちは、節約しないと生活していけない貧困男子です。

銀行口座に連動できたりとか、レシートを写真に撮るだけで自動で反映されるとか…

そういう余計な高機能はいらなくて、シンプルに手入力しやすい家計簿アプリの方が使いやすい派です。

今回は家計簿アプリでもトップクラスの人気を誇る「moneybook」を使ってみました。

moneybook

「moneybook」の特徴

Moneybook

余計な機能はなく、非常にシンプル。

それでいてカスタマイズ性にも優れるらしい。

パッと見ではデザイン的にもいい感じです。

 

レビューを見てても非常に人気が高いこのアプリ。

1か月使ってみたので、使い方と正直な感想をお伝えしていきます。

 

「Moneybook」の使い方

①カテゴリーを編集しよう!

まずやるのは、カテゴリーの編集。

トップ画面左上をクリック

Moneybook トップ画面

 

「カテゴリー」をクリック

 

下記のようにカテゴリーが並んでいるので、編集したい場合は「>」マークを、追加したい場合は右下の「+」マークをクリック。(すでに僕好みに編集した後です)

 

こんな感じに編集できます。

アイコンもかなりの種類がありますよ。

 

②あとは実際に家計簿入力するだけ!

トップ画面右下の「+」をクリック

 

あとは、「金額」を入力して、「カテゴリー」を選ぶだけ。

うん、簡単!

 

③1月分入力したら収支を分析しよう

1か月分入力するとこんな感じ↓

 

左上の「三マーク」→「カテゴリー分析」で、下記のようにグラフ表示することも出来ます。

Moneybook グラフ

何にいくら使ったか一目瞭然でわかりやすいです。

 

基本的にこの3機能を使いこなせればOKです。

 

「Moneybook」を使ってみた感想とメリデメ

まずデザインがオシャレでカッコイイ!

色も綺麗だしね。

このアプリと比べると、他の家計簿アプリのダサさが際立ちます。

 

あと、月の収支が常に下に表示されてるのも良いですね。

「ちょっと今月使いすぎてるな…」とか一発でわかります。

 

操作性に関しても文句ありません。

 

個人的に一番素敵だなと思ったのが、アップデートが頻繁に行われていること

2~3か月に1回程度のペースでアップデートされてます。

しかも、製作者がちゃんとレビューコメントを読んでいて、それをしっかりアプリに反映してくれています。

例えば…

元々締め日は月末だけで変更できなかったのですが、「締め日を変更出来るようにしてほしい!」という意見を受けて、締め日を変更できるようにアップデートされています。

他にも、以前は全面広告が出ていましたが、不評だったために全面広告がなくなったりと、利用者の意見を入れて徐々に使いやすくなっています。

現状でも十分に使いやすいですが、さらに良くなる可能性があるってのは中々魅力的です。

 

褒めてばっかりだとアレなので、不満点をあげるとすると広告

特に、金額入力時に一番上に出てくる広告がやや邪魔。

まぁ無料で使わせてもらってるんですから、文句言える立場じゃありませんが、少し気になります。

※ちなみに、有料版(月額280円)だと広告が消えて、テーマカラーも変更出来るようになります。

 

人気あるだけあって使いやすいですし、デザインも◎!

「家計簿はシンプルに手入力できればいい派」の方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です