副業が絶対会社にバレない方法!仕組みを超わかりやすく解説!

こんにちは、貧困男子です。

「会社の給料だけじゃ足らないから副業をする…」

その気持ち痛いほどわかります。

僕もまさにそんな状態ですから。

しかしここで気になるのが、「会社にバレない?」ってところ。

副業OKってとこはまだまだ少ないですもんね。

ということで会社にバレない副業のやり方について解説していきます。

主に選択肢は3つです。

僕は仕組みを理解するのに死ぬほど時間かかりました…

 

①住民税を自分で払う!

副業がバレるケースの多くは税金関係からです。

会社員で年末調整をしていれば、副業所得が年間20万円以内なら所得税がかからないので、確定申告をする必要がありません。

※所得とは「売上-経費」をしたもので利益のことです

副業についてググると、「20万円以内に抑えれば、税金がかからないのでバレません!」みたいなこと書いてるサイトが多いですがです。

バレます

副業所得が20万円以下なら所得税は払わなくても良いですが、住民税は払わないといけないんです!

 

先ほどの間違った情報をうのみにしてしまうと…

副業所得をくれた会社が市町村に「〇〇さんに〇〇万円支払いました」って知らせる。

市町村はそれを見て、本業の会社に副業の所得分も上乗せした住民税を請求。

会社の経理「あれっ?この人給与の割に住民税高くない?副業してんじゃないの?」

という流れでバレます。

 

そこで、副業で増えちゃった住民税を自分で払えば、会社にバレなくなります。

本業の会社の給与から住民税を天引きする方法を「特別徴収」。

天引きさせず、自分で住民税を支払う方法を「普通徴収」と言います。

副業が会社にバレたくないのなら、住民税の確定申告を行って、副業分の住民税で「普通徴収」を選択する必要があります

※住民税の管轄は市町村なので市町村で行います。

そうすれば、会社に副業分の住民税の請求がいくことは(基本的には)ありません。

ただ、うっかりってケースもあるようなので、市町村の担当者に必ず念押ししておきましょう。

 

「普通徴収」が出来ないケースもある

いわゆる給与(バイトとかパートとか)は普通徴収を選べません

強制的に特別徴収となってしまいます。

※特別徴収の方が役所的に処理が楽だから

そのため、会社員しながら、地元のコンビニや警備員のバイトなんかをするとバレます。

副業をするなら自営業系を選びましょう

 

②会社にうまく言い訳する

「確定申告とか超絶面倒…」

「そもそもやり方がさっぱりわからないのでやりたくない!」

ということで僕が現在採用しているのが、会社に言い訳するという方法

会社は住民税が増えたことで、何かしらの収入があることはわかりますが、「どうやってその収入を得たのか」まではわかりません

そこで、言い訳(嘘とも言う)をする余地が生まれます。

 

僕は治験をたまにしてるのですが、治験は報酬をもらえますが名目上はボランティア。

そのため、「健康診断がわりに治験ボランティア受けたいんですけどいいですか?8万円位の収入になるので、ちょっと住民税高くなると思うんですが…」って言ってます

※治験を受ける際には必ず健康診断を受ける必要があって、健康状態が良好じゃないと受けられない

ボランティアであるという点と、健康診断がわりにという大義名分があるので、反対されたことがありません。

 

他にも、「投資して利益が出たので、その分住民税が増えると思います…」ってのもありです。

副業じゃなく資産運用ならとがめられることはまずありません。

あと、「家の物整理して売りまくったら結構な額になりまして…」ってのもありです。

 

とにかく「住民税が多く請求されるのは副業してるからじゃない!」ということを伝えれば良いんです。

繰り返しますが、「その分の所得を何で得たのか」を会社が知る事はできません。

それっぽい言い訳をあらかじめしておけば良いんです。

個人的には一番現実的で簡単な方法だと思います。

※副業所得が年間20万円を越えてしまったら確定申告しないといけないので、必ず20万円以内に収めるようにして下さいね。

 

③脱税する!

前職の会社の先輩がそうでした。

ちょくちょく副業してたみたいですが、全く申告せず、所得税も住民税も払っていませんでした。

シンプルに言ってしまえば脱税状態です。

が、全くバレてませんでした。

 

その先輩はネット上でライターの仕事を少ししてて、月に1~2万円位稼いでました。

そういうライターの仕事って、会社から給料をもらう形じゃなくて個人と個人の契約にすぎないので、市町村とか税務署に連絡がいきません。

まぁ金額が大きければ気付かれる可能性もありますが、1~2万円程度の金額を税務署が気付くわけないですよね。

税務署ってそんなに暇じゃないですよ。

ということで全くバレず…

今でも続けてるらしいです。

どうも申告しないといけないこと自体知らないっぽい。

 

ただ、先輩のケースってレアじゃなくて、脱税状態の人ってめちゃめちゃ多いんですよ。

所得税は20万円を越えなければ払う必要がありませんが、住民税は1万円でも稼いだら払わなくてはいけません。

つまり、「漫画を沢山ブックオフに売ったら1万円になった!」というケースですら、理論上は住民税を払わなくてはいけないんです

でも皆さんそこまでやってないですよね。

僕だってたまに本や漫画を売ったりしますが、わざわざ申告してません。

そんなんキリないよ…

ということで、少ない額なら実務上セーフになるかと思われます。(保証は出来ませんよ)

金額が大きいと(例えば仮想通貨でぼろ儲けしたとか)さすがにマークされるでしょうし、何より精神衛生上よろしくありませんから、絶対に確定申告はした方が良いです。

 

副業がバレない方法のまとめ

選択肢は3つで、各方法のメリットデメリットをまとめますと…

①住民税を自分で払う

メリット=会社にバレない、法律にも違反してない

デメリット=(住民税の)確定申告しないといけない

 

②会社に住民税が増えた言い訳をする

メリット=確定申告しないくて良い、法律にも違反してない

デメリット=会社にダメって言われる可能性がある、20万円以内に収めないといけない

 

③脱税する

メリット=確定申告しなくて良い、何もしなく良い

デメリット=バリバリに違法、バレたらやばい(会社的にも税金的にも)

 

この中で好みの方法を選んでみて下さい。

 

副業におすすめのバイト

副業だとバイトやパートが出来ないので、かなり選択肢が限られます。

僕がやったことある会社にバレないおすすめのバイトは以下の2つです。

 

①ライターバイト

自宅のパソコンから記事を書いて報酬をもらうバイトです。

1,000文字なら500円位。

2,000文字なら1,000円位と、報酬的には大した額にはなりません。※あくまで目安です

ただ、自宅で自分の時間で作業が出来るので、めちゃめちゃ副業向きです。

それに給与じゃないので、「普通徴収」に切り替えられます。

人に会うこともないので、「うっかり副業中に会社の人に会っちゃった…」なんて悲劇も起こりません。

 

自分の体験談とか口コミを記事にするのは結構面白いですよ。

僕もやってて面白かったので、結局自分でブログ作るまでになりましたしね。

やるなら案件数が多いこちらのサイトがおすすめです。

ライターバイトのおすすめサイト
クラウドワークス

 

治験バイト(ボランティア)

2泊3日の入院で9万円とか稼げちゃう高額報酬バイトとして有名な治験。

あくまで名目上はボランティアなので、「副業禁止」にはあたらないので安心して出来ます。(まぁ屁理屈みたいなもんですが)

副作用とか心配な方も多いと思いますので、そのあたりの詳しい部分はこちら↓の記事を参照してみて下さい。

治験バイト歴3年のモルモットが語る!危険?副作用は?給料は?募集してるサイトは?

治験のおすすめサイトは下記の3つです。

治験バイトのおすすめサイト
VOB

治験参加の事ならV-NET

ニューイング

 

以上、副業が会社にバレない方法でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です