ドコモ携帯にいくらかかってる?僕の高いスマホ料金を大解剖したよ!

7,325円

僕のドコモ携帯の月額料金なんですが、やっぱ高いですよね~

年収270万というゴリゴリの貧困層に月7,000円強はデカいっすよ…

ということで、7,325円の内訳を大解剖してみたいと思います。

ちょっとでも安くなったらな…

 

ドコモの通話料【1,700円】

通話料金プランは2つあります。

カケホーダイプラン

⇒いくら電話しても2,700円

 

カケホーダイライトプラン

⇒5分以内の通話は1,700円、5分以降は30秒ごとに21.6円(つまり、5分だと216円)

 

選択肢は2択のみ。

幸い?友達のいない僕はほとんど電話しないので、1,700円の方で全然オッケー。

良かったー友達いなくて

 

ドコモのデータ通信量【3,500円】

ギガを増やすほど料金が上がっていくシステム。

2G:3,500円

5G:5,000円

20G:6,000円

30G:8,000円

 

WiFiルーターを持ってるので、携帯のギガ数は一番少ない2Gでオッケー。

2Gで3,500円って暴利じゃね?

 

付加機能使用料(spモード/メール等含む)【300円】

調べてもいまいち何の料金かわからないのですが、どうやらこれがないとネットに接続できなくなる模様。

じゃあしょうがないね。

 

付加機能使用料(留守番電話)【300円】

解約するか結構悩みました。

「正直そんなに人と電話しないし…」

「でも留守電ないって、僕に電話してくれた数少ない人に不愉快な思いをさせるんじゃ…」

5分ほど真剣に悩み、とりあえず婚活中だけでも継続しようということに。

ずっと継続することになるかもしれませんね。ハハッ

 

×付加機能使用料(キャッチホン)【200円】

通話中にかかってきた別の電話を信号音(通話中着信音)でお知らせします。

お話し中の通話を保留にしたまま、あとからかかってきた電話を受けられます。

これは間違いなくいらないね。

同時に2人からかかってくることなんてないからね。

 

×付加機能使用料(メロディコール基本)【100円】

電話をかけてもらったときのプルル(呼出音)を好きな音楽等に変更し、自由に設定ができるサービスです。

いらん!!

設定したことないよ!!

 

ということで、キャッチホンとメロディコールの2つで300円削れるぜ!

と思いきや、留守電とキャッチホンとメロディコールのパック割引で200円割り引かれているので、実質100円しか削れない…

ま、まぁいいさ、100円でもないよりましさ。

 

ケータイ補償iPhone【600円】

なぜかiPhoneカバーをつけてなかった時代に、よくぶっ壊してました。

カバーをつけてからはあんまり壊さなくなりましたけどね。

 

これはiPhoneを安く(7,500円で)修理してくれるサービスです。

ちなみに、AppleでiPhoneを修理すると、6の場合は33,800円かかります。

※33,800円-7,500円=26,300円÷600円=43か月

つまり、3年7か月に1回壊せば元は取れると。

うーーん、一応入っとく?

 

spモード決済【300円】

「これはなんだ?」と思いましたが、思い当たる節が…

こいつだ→ハンディコミック!

ちょっとエッチなマンガに惹かれてつい…

反省しています。

久々にログインしたら、ポイントめっちゃ貯まってる!

 

ユニバーサルサービス料【3円】

わざわざ3円を徴収する意味がわかりませんが、大した額じゃないのでスルーします。

 

eビリング割引料【-20円】

毎月の明細を郵送でなく、ネット上で確認する方式にすると割引されるようです。

 

合計

これらを全部あわせて、税込にすると7,325円に。

ここから432円は引けるので、6,893円に。

おぉー

ついに7,000円切りましたか。

とはいえ、WiFiルーターで4,000円位持っていかれてるので、合わせると1万円超えてる…

格安SIMとか検討した方がいいのかしら。

イマイチ仕組みがわかんなくてね、格安SIM。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です